ジメジメしてきましたね~。
個人的に夏は大の苦手なんですが、今年はどうにも耐えれそうに無くどうしましょうとお手上げ状態でした。

なんだか去年よりエアコンの効きが悪いなぁ~

これが温暖化というヤツか!!

なーんて…思っておりましたが、きっと過ごしにくい原因は
「湿気!!」
多分こいつです。
こいつを倒せば暑くナイぞーーーと言うことで
除湿機をGETすべくリサーチ。

結構値段もスペックもピンきり、
除湿の方式も様々…これは用途に合わせて買わないと、デス。

まず除湿方式の”まとめ”

「コンプレッサー方式」
空気を冷やして水分を取り除く方法。
いわゆる、エアコンの除湿と同じ方法。
最近は冷風機能付きや、ヒーターをプラスした温風など
の機能が搭載されたものが主流だそう。

【長所】
・高温時(25度以上)での除湿力が大きいので梅雨~夏場に向く。
・除湿量が多いので湿気の多い季節でもパワフルに乾燥できる。
・消費電力が小さいので(デシカント方式の半分位)ランニングコストが安い。
・室温上昇が少ない(1~2℃程度)

【短所】
・コンプレッサーがあるため、振動音が大きい。
・本体サイズが大きめでやや重い。
SHARP 「冷風・衣類乾燥」除湿機 「高濃度プラズマクラスターイオン搭載」 ブラック系 CV-Z100-BMITSUBISH 「サラリ」 コンプレッサー式+ヒーター 衣類乾燥除湿機 (ピュアホワイト) MJ-H100DX-Wコロナ(CORONA) 冷風・衣類乾燥除湿機《どこでもクーラー》(除湿能力10L) オーシャングリーン CDM-1010(G)

「デシカント方式」
水分の吸着性能◎のゼオライト(乾燥剤)で水分を取り除く方式。
冷媒(フロン)を使わずに除湿可能。
ゼオライトで除湿した後、ヒーターであたため乾燥した空気を吐き出すそう。

【長所】
・低温時での除湿力が大きいので冬場でも使うことができる。(1年を通して使える)
・コンプレッサーが無いため軽い!コンパクト!静か!

【短所】
・ヒーターを使うので消費電力が大きくなる。
・発熱量が多くなり部屋の温度が上がる。(室温上昇は3~8℃程度)
三菱 MJ-Z70DX-T 衣類乾燥除湿機 (ショコラブラウン)Panasonic デシカント方式除湿機 ブルー F-YZE60-Aコロナ 除湿機 CD-HI185-G オパールグリーン

どちらもメリットデメリットはあるようなので
あとは好みとどちらを優先にするかというトコでしょうか。。

ちなみに、、、
この季節になるといや~な黒い虫さん「G」さん対策もしたいですよね。

ナント!!!
除湿機を使うと「G」出現率が激減するそうデス。

ほ、欲しい。

というわけで私は夏場向けに使うんで
コレにします。決定!

現在、コメントフォームは閉鎖中です。