日本人なら誰しもが一度は口にしたことがある緑茶、嫌いという方は少ないんじゃないでしょうか??
緑茶が体にいいというのは有名ですが…じつはさらに上を行く緑茶があるんです。

健康フリークには有名番組「NHKためしてガッテン」

今回紹介されたのはがん死亡率日本最低の街、掛川市。

なんとこの掛川市ではがん死亡率だけではなく、そもそも病気人口が全国的に少ないんです。

その健康の秘密は??
“深蒸し茶”だったんです。ん??深蒸し茶って?

普通の緑茶よりも、濃くて濁った深蒸し茶
掛川市は他の地域に比べて日照時間が多いため、どうしても茶葉の渋みが強くなってしまうんです。

そこで渋みを和らげるために蒸し時間を通常の倍にして作ったものが深蒸し茶
蒸し時間が長いことで、本来溶け出さない茶葉の栄養成分まで飲むことができる。

じっくりと蒸した深蒸し茶は渋みをやわらげマイルドな味に。さらに水道特有のカルキ臭も抑えてくれるからお茶の旨みをストレートに味わうことができます。

お値段も特別に高いわけではありません。これなら日常に飲むお茶として常備しておくことも出来ますね!

日々の飲み物を少し変えるだけでがんにならない身体が作れる!!
これなら手軽に始めれる健康法として長続きしそうです。ご家族と一緒に始めてみては?

現在、コメントフォームは閉鎖中です。