広げた瞬間から、い草の香りがふんわり漂うラグで夏のあつ~いお部屋をスッキリ涼しげに演出。
実は、い草には「天然のエアコン」と言われるほどの空気浄化作用や吸湿・発散作用があります。
表面には無数の気孔があり、繊維がスポンジのように沢山の空気を含むので保温性も抜群。
なので、昔からの畳の部屋は一年中快適なんですね。
こうしてみると、日本人の知恵とはすごいですね…。
何においても理にかなっています。
しかし、問題はデザイン。
最近のはかっこいいもの、多いんですね!

モダンなデザインが多いから、洋風テイストのおうちにもマッチしそうです。
純和風ももちろんい草の魅力があっていいですが、こういったオシャレい草もアリ。
さらに、い草の香りには癒し効果があり、森林浴効果があります。
い草ラグのあるお部屋は「室内で森林浴」気分が味わえるということです。
なんとも素敵です。高温多湿の日本に古くから根付く”い草”で夏を快適に

現在、コメントフォームは閉鎖中です。