ふっくら柔らか、ふわふわの絶品うなぎ、、日本人なら誰しもが食べたくなってしまううなぎが
もしかしたら、安くなるかもしれない!!!
そんな世紀の大発見が東京大学大気海洋研究所などの研究グループによってされたそう。

天然のニホンウナギの卵の採集に世界で初めて成功した東京大学などの研究グループが、
今回は、グアム島から西のマリアナ諸島沖で採集したおよそ150個の卵を公開したそう。

実はうなぎの生態って今まであまり解明されなかったようなんです。

今現在、日本ではうなぎの稚魚であるシラスウナギを獲って、
その稚魚を養殖する…というのがポピュラー。
しかし、卵を採取したことは無く、その生態も明らかになっていなかった為
稚魚からでも育てることが難しく、そのため今まで高価な食材だったんだとか。

しかし、今回、天然のニホンウナギの卵の採集に世界で初めて成功したことにより
生態の多くが解明されれば、私たちの食卓に手軽にうなぎを・・・なんてこともあるわけですね。

ぜひとも成功してほしい!

現在、コメントフォームは閉鎖中です。